新しい可能性、新しいチャレンジ、新しい”ミライ”

代表取締役 レオン・メイ・ダニエル

世界と肩を並べてリードしていくためには
1歩先ではなく、3歩、5歩先を見通すことが必要

日本のIT業界において、特にソフトウェア、デザインの領域では短期目線のシステム投資、人材投資などが優先されがちであり、今まで得意としてきた「モノづくりの力」が少しずつ衰退しているように見受けられます。「情報テクノロジーの進化」という面で、他国に先んじているとは言えない状況ではないでしょうか。

国際化・情報化が進み、日々世界情勢が変わりゆく中、日本のIT業界にイノベーションを起こし、 世界と肩を並べてリードしていく。そのためには1歩先ではなく、3歩、5歩先を見通すことが必要です。

このような「熱意」と「理念」を共有し、高い「能力」と「哲学」を持った人材を育てること。社内環境整備と設備投資を一層重点的に行い、イノベーション創出のステージを整えること。そしてテクノロジーに進化を起こし、社会へ貢献すること。

これが私たちの使命だと考えています。

常に新しい可能性を信じてチャレンジし、日々成長する企業を目指す

基礎研究から最先端の技術開発を行う、自社内の研究ラボ。多くの受賞実績をつくったソリューションプランニングの独自性。世界に通じるパイプとして、2010年にアジア進出を果たしました。今まで、仲間とたくさんのパートナー、お客様に支えていただくことで会社を育ててきました。

今後も私たちは、10年間培ってきたこのような強みをベースにビジョンの追求、プランの実行、自己鍛錬を怠らず、常に新しい可能性を信じてチャレンジし、日々成長する企業を目指してまいります。

プロフィール

代表取締役

レオン・メイ・ダニエル

香港出身。16歳からカナダの大学教育機関にてファインアートを学び、2000年に来日。

デザイン事務所やISPコンテンツ専門運営会社を経て、ネットベンチャーにてマーケティング事業を発足。責任者として組織戦略や経営戦略を担当し、CRM戦略ソリューションを開発・販売。関西トップクラスの実績を積み重ねた。

06年にマインドフリー株式会社を設立。クリオ賞など多数の受賞経験があり、NHKへの出演や、大学での講演、ad:techなどのイベント講師を勤め、クリエイションとビジネス面を両立させたプロデュースを展開 。

近年、グループ会社を設立し、オムニチャネル施策やインバウンド関係で中国、香港、台湾企業とのアライアンスを強化し、事業の多様化に注力している。