ニュース

店舗・施設の近隣にいるユーザーにターゲティングできるFacebook®広告を「adHub」の新機能で国内先行提供

2015年10月30日

デジタルマーケティング事業を展開するマインドフリー株式会社(本社所在地:大阪市中央区 代表取締役:レオン・メイ・ダニエル)は、自社開発したFacebook広告運用ツール「adHub(アドハブ)」の新機能として、店舗や施設の近隣にいるユーザーにターゲティングし、Facebook広告配信ができる「ローカルアウェアネス ターゲティング」の国内先行提供をスタートしました。

図1

「Local Awareness」は2014年にリリースされたFacebook広告の機能ですが、国内ではまだ使用できませんでした。マインドフリーでは国内企業の高い需要を受け、「adHub」に新機能を追加。該当住所から5km程度、歩いて移動できる距離にいるユーザーへ、Facebook広告の配信を可能にしました。コールトゥアクションも、外部サイトへ誘導する「詳しくはこちら」の他に、新しい3つのボタンが追加。
「道順を表示」…該当住所までの道順を表示
「メッセージを送る」…ユーザーからプライベートメッセージを受信、返信
「今すぐ電話」…ユーザーのスマートフォンから担当者に通話発信、会話

実店舗での売上向上・店舗誘客・タイムセールの実施など、新たなアプローチが可能になります。

■マインドフリー株式会社について
会社名:マインドフリー株式会社
代表者:代表取締役 レオン・メイ・ダニエル
所在地:大阪市中央区今橋2-5-8トレードピア淀屋橋5F
事業内容:
・ソーシャルメディアマーケティング事業
・コミュニケーションプラットフォーム開発事業

http://mindfree.jp
https://www.facebook.com/MindFreeJapan

■本件に関するお問い合わせ先
マインドフリー株式会社 担当:長江(ながえ)
TEL: 06-6125-5535
MAIL: adhub_sales@ml.mindfree.co.jp

※本プレスリリースに記載されている会社名およびサービス名は各社の登録商標または商標です。